本文へスキップ

新しい視点でシニアを応援する from4050

放っておけない命にかかわる病気disease


女性専用の肛門科外来  放っておくと大腸がんの可能性も

痔は、症状がひどくならないうちに処理すればいいのですが、 恥ずかしくて行きたくない気持ちが強く、その結果、 ずるずると月日が過ぎ、症状を悪化させてしまうことになります。放っておくと大腸がんの可能性も… 詳しくはこちら

大人の隠れ喘息・セキぜんそく 吸入ステロイドの効果 

セキぜんそくは、慢性的にセキだけが続くぜんそくで、 放っておくと3〜4割は本格的な喘息に移行する可能性があります。セキ喘息の場合、普通に生活をしていると、見過ごしてしまいがちです。 隠れぜんそくと言われる理由ですね。 詳細はこちら

血圧コントロール術 食事療法と漢方薬 主治医が見つかる診療所

高血圧を放っておくと、動脈硬化になったり、 のちに狭心症や心筋梗塞、 脳卒中などの発作を起こすおそれがあり、命に関わります。高血圧性心不全や、脳出血、くも膜下出血、眼底出血、心筋梗塞、 解離性大動脈瘤 腎不全が起こります。 高血圧を改善する食事療法はこちら

CagAが胃癌の原因 ピロリ菌を抑制する食材と除菌方法  L4YOU

ピロリ菌とは、胃の中に住みつく細菌のことで、50歳以上では 約8割が感染し、全国では、約6000万の人がピロリ菌に 感染しています。ピロリ菌は、胃炎や胃潰瘍の原因ですが、さらに 胃がんの元凶となることが分かりました。詳細はこちら

NK細胞でガン細胞を倒す生活術 アカルイ・ミライ

人間の身体の中では、1日5000個のガン細胞が発生しています。 そのガン細胞を毎日死滅させてくれているのが、免疫細胞であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)です。 NK細胞は癌細胞を攻撃する免疫細胞の中で、最も能力に優れた細胞です。NK細胞を活性化させる生活の詳細はこちら

ガン遺伝子検査で発症の可能性とリスクをチェック 費用・診断・結果

血中の遺伝子を調べることにより、今後おこる可能性の高い病気の 可能性を予測することができる時代です。 その中でも、ガンになるかどうかについては、誰もが知りたい情報です。 それを可能としてくれるのが、ガン遺伝子検査です。がん遺伝子検査の費用・診断・結果の詳細はこちら

メス不要の凍結療法と重粒子線治療でガンを治す NEWSアンサー

重粒子線治療とは、X線で使われるより重い粒子を光の速さの70%まで加速して、ガンの患部に照射する治療法です。 凍結療法とは、凍らせてガンを死滅させる凍結手術です。 局所麻酔の後、MRIを使ってガン細胞に太さ1.5mmの特殊な針をさし、その針から高圧のアルゴンガスを送りこむと、先端部分は−140℃となり、 ガン細胞は一気に凍って死滅していきます。詳細はこちら

煙草を吸わない女性の謎の肺がん ヘリカルCTで早期発見

最近、煙草を吸わない女性の「謎の肺がん」が増えています。 この「女性に多い謎の肺がん」になる原因が、女性ホルモンだということが愛知県がんセンター研究所の最新の調査で分かりました。このタイプの肺がんはX線では発見しにくいの特徴ですが、解像度の高いヘリカルCTで撮影すると、白い淡い影となって現れます。 詳細はこちら

バレーサイン つぎ足歩行  自宅で簡単にできる脳梗塞を見分ける方法

脳梗塞は、脳の視床と呼ばれる部分に多発する傾向にあります。 しびれは、左右にしっかり分かれており、左側がしびれた場合は右の脳、 右側がしびれた場合は左の脳が梗塞を起こしています。脳梗塞を早めに発見できれば薬で治療も可能です。自宅で簡単に早期発見する方法はこちら

脳梗塞は時間が決めて!前触れ チェック法と予防法 主治医が見つかる診療所

脳梗塞が起きる前には、必ず何らかの前触れがあるといいます。 一般的には、身体のしびれ、ろれつが回らない、言葉がでない、物が二重に見える等で、その症状は、数分続き症状が治まってしまいますが この段階で、病院に即行くことが大切です。脳梗塞からの生還者100人からの教訓 、詳細はこちら

危険なめまいの見分け方と立ちくらみの対処法 名医にQ

めまいは、立ちくらみや更年期障害など私たちにあまりにも身近であるため、ちょっと油断してしまいます。 でも、手足がしびれたりろれつが回らなかったら要注意! 思わぬ危険性が潜んでいることがあります。危険なまめいを見逃さず、適切な処置をしていく必要があります。詳細はこちら

くも膜下出血から身を守るスペシャル 主治医が見つかる診療所

くも膜下出血を発症する人の半分くらいには、 前兆・前触れともいえる症状があります。 この段階でいち早く病院へ行って検査、治療をうけることが大切です。くも膜下出血から身を守る方法をご紹介します。詳細はこちら

隠れ脳梗塞を発見する「脳梗塞リスクマーカー」検査7000円

「脳梗塞リスクマーカー」とは、脳内の細かい動脈の内部での小さな脳梗塞を調べることにより、脳梗塞リスクを判定します。 「脳梗塞リスクマーカー」検査は(株)アミンファーマ研究所と千葉大学医学部附属病院と千葉市内の複数の医療機関と協力して臨床研究を実施して開発されました。詳細はこちら

足のしびれで5年後に25%が死亡 閉塞性動脈硬化症のチェック法

足のしびれがある人の1/4が 5年後に亡くなっているという怖い病気があります。 その病名は、閉塞性動脈硬化症。閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化が足の太い動脈に起こり 血管が細くなったり詰まったりする病気です。塞性動脈硬化症の自宅で簡単にチェックする方法はこちら

夏が最も怖い、ドロドロ血液が命を奪う ホンマでっか

夏場は汗をいっぱいかき、血液もドロドロになってきます。 代表的なドロドロ血液の原因は、「ストレス」と「過度の飲酒」です。 それに、汗をかく夏がもっとも影響しているようです。 危険な血液ドロドロの兆候ランキングを紹介してました。 詳細はこちら

血圧の薬を飲んでも下がらない 手術で治る高血圧「原発性アルドステロン症」

高血圧の中でも、薬を飲んでも一向に血圧が下がらない場合、「原発性アルドステロン症」の可能性もあります。 アルドステロン症とは、副腎に腫瘍ができることでアルデステロンが過剰に作られ、これによりホルモンのバランスが崩れて高血圧を引き起こすものです。詳細はこちら